WELCOME TO MY WEBSITE!

〜自然と調和して、自然のリズムに合わせて、自然体で暮らす〜

planet*plant

 

癒しのハーブたち(Healing Herbs)から

あなたの目的や悩みに応じた植物の雫をチョイス。
オーダーメイドのレシピを提案します。


万物に神が宿る。
古代の人たちは、太陽や月、植物や動物など、
自然界にあるすべてのものに神性を見いだしていました。
ネイティブ・アメリカンやアボリジニなど土着の民族には、
自然や宇宙とのつながりを示すさまざまな神話や物語があります。

ヨーロッパ大陸を挟んで日本の対岸に位置するイギリスやアイルランドでは、
かつてケルトの人々が独自の文化を築いていました。
そこで樹木の声に耳を傾け、その神託を一連の詩にして語り伝えたのが
“ドルイド(Druid/オークの賢者)”と呼ばれる人たちです。
彼らは、樹木(オーク)に登って精霊と交信し、
時には根元に座り、大地に伸びる根から声を聞きました。
樹木の過去を探り、何百何千年にも渡る遠い記憶を受け止め、
宇宙の真理や生命の神秘を伝える奥義ともなる詩を歌い上げたのです。

この、ドルイドの伝統が根強く残るウェールズにルーツを持つ医学者が、
20世紀のイギリスに現れました。
その人こそ、エドワード・バッチ博士(1886〜1936)です。
彼は20年にわたる調査結果から、健康とは肉体的な理由によるものよりも、
むしろ落胆や心配、悲しみや怒りなどの感情や心理的な不安定によって
損なわれることが多い点に着目。
健康を維持するためには、
何よりも心の平安が大切であるとの結論に達していました。
そして、さまざまなマイナスの感情に作用する野生植物を研究し、
あらゆる心理傾向に対応できる植物を発見したのです。

彼はドルイドの智恵から、
水や朝露、太陽、火、植物の治癒力にヒントを得、
草花や樹木のエッセンス(Essence/本質)を水に転写させる方法で、
39種類のフラワーエッセンス(Flower essence)を完成させました。
これらはフラワーレメディー(Flower remedy/花の治療薬)とも呼ばれ、
多くの患者の治療に用いられ、目覚ましい効果をあげたのでした。

バッチ博士が発見し体系化したこの自然療法は、今や世界中で広く知られ、
各国で独自のエッセンスが作られるようになりました。
現在、フラワーエッセンスは西洋医学をはじめとする
さまざまな医療の補完療法に分類され、
植物療法と波動療法(エネルギー療法)の一種に位置づけられています。

planet*plantは、ドルイドの智恵を現代に伝えるために、
ケルトのオーガム文字やフラワーエッセンス、ハーブなどを用いて
自然界からのメッセージを伝え、自然の法則に従った意識の変容や内的成長、
カラダ(心&肉体&魂=エネルギー場)の自己調整をお手伝いします。

 
Blog Summary Widget

WHAT’S NEW

©2002-2017 planet*plant All Rights Reserved.

planet*plantは完全予約制のため
事前申し込みが必要になります。
営業日と予約状況をご確認のうえ
CONTACTのメールフォームから
お問い合わせください。